SOLUTION


BBMAPS

(3Dモデルによる橋りょう検査システム)

維持管理は二次元から三次元へ


橋りょうがその要求性能を満たすには点検と補修が必要です。これまでは部材毎の展開図に変状や補修箇所を記録していましたが、展開図作成には手間がかかり、かつ目視で確認した変状を展開図上に移写するため、変状の位置や大きさは模式的な管理でした。そこで、三次元モデルを活用することで従来の展開図を作成する方法より簡易に作成するツールを開発するとともに、点検・補修個所を正確かつ一元的に三次元モデルへ反映するシステムを開発しました。本システムにより点検・補修の質的向上と効率化を図り、ライフサイクルコストを最小化できるメンテナンスを目指しています。
 


三次元モデルによる一元管理・共有


写真測量技術を用いて現場作業で撮影した写真と三次元モデルの部材端部や部材交差部等を特徴点として対応させることで、撮影点位置と撮影方向を精密補正し、三次元モデル上に自動的に配置します。また、撮影写真から読み取った橋りょうの変状を画面上で入力すれば、ひび割れの長さや剥離部あるいは補修部の大きさといった数量やその位置を正確に三次元モデル上に反映させることができます。三次元モデルにて一元管理された情報を基に、業務で必要な書類等を自動で作成することもできます。三次元モデル上で劣化の進行具合など経年的な変化も把握可能となるため、適切な時期に補修することが可能となるなど、合理的な維持管理(PDCA)を続けていくことができます。
 

 CONTACT